マンションの所有形態

マンションに住みたいと思ったときに、その方法として主に3つのタイプがあります。

一つは分譲、一つは賃貸、そして最後はコーポラティブ方式。

それぞれに特徴があり、世帯の家計や事情にあった所有形態を選ぶことが可能です。

この記事では、各所有形態の定義や特徴などについて見ていきます。

〔分譲マンション〕
分譲マンションは、その名の通りマンションを分けるという販売方法をとっています。
すなわち、一棟の一室を客に販売し、廊下や玄関と言った部分を所有者で共有します。購入した部分に関しては、すべて所有者に権利が与えられ、共有部分に関してはメンテナンスなどに必要な管理費を支払うことになります。

自分の持ち物ですから、たとえばシステムキッチンを新しくしたい、浴室を改装したい、壁を取り払って間取りを変えたいといったことを自由に出来ます。

従って、居住の形としてはある程度は共有部分、マンションの規約などによって制限されますが、一戸建てに近く生活の変化に柔軟に対応できる自由な生活が可能です。

〔賃貸マンション〕
賃貸マンションは、居住者が所有権を持つのではなく所有者に家賃や敷金といった対価を支払って住むことが可能となる形態です。

そのために、所有者が居住する分譲マンションとは対極にあるといえます。
賃貸を選ぶメリットとしてはマンションを購入する資金がなくても、アパートよりも広くて設備の充実している物件に住むことが可能であるということです。

もちろん、年収などで十分にマンションを購入できる水準の人も賃貸マンションを借りることはありますが、分譲マンションを買うとなると頭金に月々のローン、管理に不動産取得税、固定資産税など莫大な出費が予想されます。

また、いずれ老朽化が進めば修繕の必要も出てきます。

そのために、ある程度の費用を蓄えるまで賃貸マンションで生活をする、修繕しなくてもいいように賃貸マンションを渡り歩くという選択肢を選ぶ家庭が多くあるわけです。

また、近年ではどうせ将来は子供は独立するし、自分たちは老人ホームに入居するということで自分の家を持たなくてもよいという世帯もいます。


ところが、賃貸マンションはデメリットとして、家賃をいくら払ってもマンションは自分野茂のにならないし、設備、間取りの変更などが自由になりません。

〔コーポラティブ方式〕
これは、分譲・賃貸と比べてなかなか耳にしないタイプです。
これは、通常地権者、デベロッパーなどがマンションを一棟ぽんと建てて一室ごとに切り売りしたり賃貸でかし出すといった形をとりますが、このタイプは自分のマンションを欲しいという人たちが集まってく組合を作り土地を作りマンションを作ってしまうと言う方法です。

設計段階から関わることが出来るので、各部屋ごとに間取りや外観を自分の好きなようにすることが出来ます。

しかしながら、工事の進展などを素人である建て主が管理していかなければならないので、コーディネーターなどの仲介業者の力を借りることが多いです。

マンションの基礎知識

住居の一種であるマンション。
このマンションとは、果たして、一戸建てやアパートといったものとは、どのように違うのでしょうか。

それを理解するために、必要な基礎知識をこの記事では見ていきます。

(マンションの定義)
よくある話で、日本でマンションと気軽にいますが、海外でマンションに住むというのは豪邸に住むという意味になります。

これは日本語におけるマンションがアパートよりも大型の集合住宅を指す言葉として

作られた言葉だからです。
では、具体的にどのような物件ならアパートとマンションが区別されるかというと次のようになります。

☆構造
アパート:準耐火構造(壁、柱といった主要な構造部分が火に30分〜45分程度は耐えられる)であるプラハブ、木造などで建てられた集合住宅。

マンション:耐火構造(壁や、柱といった主要な構造部分が通常の火災において30分

〜3時間の間、倒壊しないし他にも延焼したりしないといった能力をもつ)であるRC(鉄筋コンクリート造)、SRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)などで建てられた集合住宅

☆物件の環境等
アパート:戸数、建築費、建設期間が少なくてすむ。
従って、家賃がマンションに比べて安い水準に設定される。

マンション:宅配ロッカーやオートロック玄関、システムキッチンなど設備がアパートより充実しており、遮音性などもアパートより優れている。
家賃だけでなく管理費もアパートと比べて高い水準に設定される。

もっと具体的名定義としては、3階建て以上のRC,SRCでできた中高層集合住宅というのが一般的な定義です。

(物件の所有形態)
マンションには自分で購入し所有する分譲マンションと賃貸マンションがあります。
この違いは、分譲マンションとは区分所有法において2人以上の区分所有者がおり、管理を管理会社、自己管理によって行われるものです。

対して、賃貸マンションは1所有者または一事業者によって全体が所有されており、管理は管理会社によってなされます。

時に、仕事の都合などで遠くに住まなければならない場合に、この期間中人に貸し出すことがあります。
この場合には分譲賃貸マンションという区分で呼ばれます。

また、はじめから賃貸目的で部屋が作られている場合にも分譲賃貸マンションと言われます。

マンションの住戸形態

マンションにはターゲットとなる世帯に併せたマンションの形態があります。
時には家族で、時には単身で住むことになるマンションは、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、各タイプの特徴などについて見ていきます。

〔ファミリータイプ〕
このタイプは夫婦もしくはその子供たちが住むタイプです。
幾分広めで、少なくとも専有面積が20?以上が平均的なタイプです。

間取りの構成は、夫婦の部屋や子供部屋などに割り当てられる部屋とダイニングキッチン、リビングからなります。

〔ワンルームマンション〕
ワンルームは一室が一部屋のみで構成されており、トイレ・バスルームだけが個室になっており玄関からリビング、ダイニングの間を壁はありません。

そのために一人ないしは二人程度の極少人数で暮らすのに向いています。

専有面積はだいたい27?位〜40?位です。


〔複合型〕
このタイプは上記のファミリータイプとワンルームタイプが混ざったようなタイプで、いささかどっちつかずの設計になっているところがあります。

ですが、単身、家族どちらでも使えることから、需要は多く販売側としては売りやすく人気となっています。